信用金庫からの転職先でオススメな業界

信用金庫は地域密着型の金融機関です。

限られた地域の中で預金集めや融資開拓を行わなければならないので、とても大変な業界だと言えます。

都市銀行と比べると給与の水準も低く、華やかな業界とは言えません。

そういった中、信用金庫にお勤めでの方で、転職先を探しているという方もおられることでしょう。

強みを理解して転職へ

信用金庫に勤務してきた方は、身辺に問題がない方ですので、転職に有利です。

一般職、総合職のいずれも数字に強いため、経理などの事務職への転職は会社から重宝されることでしょう。

また、総合職を経験された方は、営業を得意とされている方がおられます。

生命保険会社、損害保険会社、事業再生などのコンサルティング会社、広告代理店、出版業界、販売のサービス業などの営業職が向いています。

生命保険や損害保険会社は顧客一人ひとりにあった商品を提案し販売します。

事業再生とは、実質破綻状態にあるまたは債務超過の状況にある企業を、様々な方法で立ち直らせる職種です。

広告代理店は広告を出したい企業と広告を掲載したい企業を結ぶ役割をします。

出版業界は作家との打ち合わせや執筆依頼をします。

以上のような職種は、地域で人と人とを繋ぐ役割を果たしてきた信用金庫にお勤めの方には有利な転職先と言えます。

また、転職をスムーズにするために、行きたい転職先について、ハローワークやインターネットなどの転職サイトをしっかりチェックしましょう。

また、転職先に応じて、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、簿記などの資格を取っておくことで、信金勤務の経験に花を添え、転職に有利となることでしょう。

いずれにしても、転職を決めたらたくさんの情報を集めることが先決です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ