信用金庫で働くことで身につくこと

信用金庫とは一般的な銀行と業務内容については大きな差はありませんが、銀行が営利を追求する株式会社の形態をとっているのに対し、信用金庫は信用金庫法を根拠として地域社会への利益還元を最大の目的としていることといった大きな違いがあります。

つまり信用金庫に勤めるということは、その地域に根ざし、地域のために働くということとなります。

理念の明確な違い

銀行は大手の企業との取引が中心で、株主への利益還元が最優先されるという企業理念ですので、信用金庫との理念の違いは明白となります。

もちろんどちらが良いかという比較はできませんが、自分の生まれ育った地域を愛し、その地域で活動している中小企業や個人との繋がりを重視したい人にとってはおすすめできる職場であると言えるでしょう。

身につくスキルは一般の銀行員とさほど違いはないと言っても差し支えありませんが、多数の大企業を相手に常に多額の資金を動かすこととなる銀行と比較すると、信用金庫で必要とされる能力とは、どちらかと言えば対中小企業であったり、地域の個人客とのつながりであったりと、人との繋がりに関する能力のほうが大きいとされます。

コミュニケーションを取りつつ人間関係などをうまく見極めて、地域との繋がりを上手に使いながらスムーズに仕事を推進していくといったスマートさも必要とされるでしょう。

もちろん信用金庫で働いていくと、それらの能力は自然と磨きがかかって身につくものです。

信用金庫で働くことによって、地域社会へ貢献し、しっかりと根ざした経済活動を推進していくことができるようになるでしょう。

その観点から言えば、一般の銀行員と比較すると仕事に対するスタンスの違いというのも明確化されていきます。基本は地域社会との繋がりです。地域から信頼され、そして愛されるようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ